チョコちゃんって、こんな子です


チョコちゃんの小さい時って。。。
痩せてて顔がシュッと細くて、
体全体は真っ白だけど、顔の真ん中に黒い模様があったんです。
目がクリクリしてて大きくて、美人さん。
まるで宝塚の男役みたいでした。

いっつもオドオドしててせわしくて。
抱っこしても、リラックスもしてくれない。
ぜんぜん嬉しくなさそうなんです。
パピヨンの性質なのかな?と思っていました。

郵便屋さんに吠えたり、『ピンポーン』に吠えたり。
一緒にいたポメラニアンのきなこが吠えたら自分も吠えて。。。
とにかくおっきな声でよく吠えるワンコでした。
実家では近所迷惑で、
隣のおじさんによく苦情を言われていたみたいです。

いっつも『何か食べた〜い』と食いしん坊でした。
人間がご飯を食べる時は、ずっと足元に座ってて、
穴が空きそうなくらいガン見です。
人間が何かを落とすのを、
『まだかな。まだかな。』って、お行儀良く待っていました。
滅多に落とさないんですけどね。。。

そんなチョコちゃんも、18歳8ヶ月です。
人間で言うと、90歳くらい。
だいぶ歳をとって、弱々になりました。

体全体の真っ白い毛の中から、人間で言うなら白髪みたいな感じでしょうか?
ベージュの毛がのぞいています。
顔の真ん中にあった黒い模様もいつの間にか無くなって、
白内障と緑内障で目も見えなくなり、
クリクリお目目が、ショボショボお目目になりました。

でも、オドオドな性格は変わりません。
足腰弱くなって、ヨロヨロしてるのに、
ヨロヨロしながら、リビングをせわしく歩き回っています。
抱っこしても、しばらくはだら〜んとおとなしくしていますが、
すぐに降ろせとばかりに、動き出します。
今でもやっぱり嬉しくなさそうです。

でもさすがに、吠えなくなりました。
一階で寝ているパパさん、ゆっくり眠れるようになりました。
しばらくチョコちゃんの声、聞いていません。。。

食いしん坊も変わらないです。
一日中ほとんど寝ていますが、起きたらすぐにご飯の場所に行きます。
そして何か食べたら、また寝ます。

そんなチョコちゃん・・・
今は自分のbedで、スヤスヤ寝ていますよ。




Copyright © チョコちゃんのワン日記 All Rights Reserved.